日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)の歴史

 日蓮正宗は、建長5年(1253年)4月28日に、日蓮大聖人
(にちれんだいしょうにん)が「南無妙法蓮華経」の宗旨を建立されたことに始まります。
 日蓮大聖人は、多くの法難に遇われながらも、法華経の肝心である、南妙法蓮華経を弘められ、弘安2年(1279年)10月12日に信仰の根本である「本門戒壇
(ほんもんかいだん)の大御本尊(だいごほんぞん)」を建立されました。
 そしてその後、日興上人
(にっこうしょうにん)を第2祖と定め、大御本尊をはじめ仏法の一切を付属され、同5年10月13日、61歳をもって御入滅されました。
 日蓮大聖人のあとを受け継いだ日興上人は、身延へ入山されましたが、地頭・波木井実長が、仏法に違背する行為を重ねたため、正応2年(1289年)の春、本門戒壇の大御本尊をはじめ、日蓮大聖人の御霊骨・御書などの重宝を捧持して、門弟と共に身延を離山され、翌正応3年10月、南条時光殿の寄進により、富士上野の地に大石寺
(たいせきじ)を創建して御遺命の本門戒壇建立の霊地と定められました。
 以来700有余年、日蓮大聖人の仏法は、一器の水を一器にうつすように歴代の御法主上人
(ごほっすしょうにん)の唯授一人(ゆいじゅいちにん)の血脈相承(けちみゃくそうじょう)をもって、日蓮正宗総本山大石寺に正しく伝えられています。

HoandoHoando2Fuji
大御本尊が御安置されている奉安堂

(参照リンク)総本山大石寺について
  
日蓮正宗公式サイト http://www.nichirenshoshu.or.jp/page/taisekiji/jpn/taisekiji_j.html
  
大石寺 満開の桜 https://youtu.be/3MVcUVJGTIs
  
大石寺-Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/大石寺