日蓮大聖人の教え

 仏法は、今から約3000年前インドの釈尊により説かれました。釈尊はあらゆる人々を救うために、50年間にわたって説法し、その最後の8年間で出世の本懐(目的)である法華経を説かれました。
 この法華経の予言どおり、釈尊が亡くなって2000年後の”末法”と呼ばれる時代に、民衆を救済する真実の仏様として出現されたのが、日蓮大聖人です。
 日蓮大聖人は、法華経の極理である御本尊を信仰の対象とし、その御本尊を唱えることにより、いかなる人でも仏の境界に至ることができると説いています。
 現在では、国内に701の寺院・教会・出張所等、海外に31の寺院・布教所、信徒居住国は約50カ国、にて教えが弘められております。

五重塔
西向きに建てられている五重塔(総本山)